偵察アリか巣ごと退治|南京虫駆除と対策をしてもらって安全に暮らせる空間にしよう

南京虫駆除と対策をしてもらって安全に暮らせる空間にしよう

偵察アリか巣ごと退治

蟻

偵察アリの段階で防ぐ

国内にもともと生息する蟻は、時として人に噛みついたりすることはありますが、基本的には人に対して甚大な被害を与えるものではありません。しかし、室内にこぼした砂糖やお菓子のくずなどを目当てに、外から大量に侵入することもあり、生活をしていく上では気持ちの良いものではありません。また、偵察アリによってエサの場所が特定されてしまうと、何百匹という蟻が家の中に侵入することにつながります。そのため、数匹の蟻がウロウロしていたら、偵察アリだと疑い、すぐに駆除、対策をすることでその後の侵入を防ぐことが出来るのです。もし偵察アリの侵入経路がわからない場合は、疑われる窓や入り口付近に予め駆除剤をスプレーすることによって、臭いを消す対策が出来ます。

エサを使い分けると効果大

庭などによくいる蟻は、実は巣全体の数%でしかありません。ほとんどの蟻は巣の中で活動しており、蟻の駆除は巣を丸ごと駆除しなくては根本的な解決にはなりません。そのためには、毒の入ったエサを巣に持ち帰らせることで巣を丸ごと駆除することが可能になります。蟻には雑食性と甘い蜜が好きなタイプがいます。家の周りにどのタイプが多いのか見極めて、毒餌剤を設置しましょう。雑食性の蟻の場合は、甘いゼリー状のものは運ばない場合もあります。毒餌剤を置く場所は、蟻の通り道が望ましいですが、雨に当たる場所は避けた方がいいでしょう。軒下や通気口などの近くに置くことで高い効果を得られることが出来ます。もしエサの食いつきが悪いようなら、ゼリー状と顆粒状とを入れ替えて使用してみるといいでしょう。